福岡市様が提供する無料公衆無線LANサービス
「Fukuoka City Wi-Fi」のサービス拡充について
~サービス拠点の拡大及びポータル画面の提供開始により、ますます快適で便利に~

2012年6月28日

NTTブロードバンドプラットフォーム株式会社
西日本電信電話株式会社 福岡支店

平成24年4月27日より福岡市(市庁所在地:福岡県福岡市中央区、市長:髙島宗一郎)が提供している無料公衆無線LANサービス「Fukuoka City Wi-Fi」について、6月29日からサービス拠点が41箇所まで拡大されるとともに、エリア情報や福岡市からのお知らせ等を配信するポータル画面の提供も開始されます。

エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林忠男、以下NTTBP)は、本サービスの環境整備及び運営業務を受託しており、本サービスの目的である「①海外からの旅行客をはじめとする来訪者に対する利便性向上」「②情報発信力の強化」「③災害時の活用」の具体化にむけて、福岡市とともにサービスの拡充を引続き推進してまいります。

なお、自治体が提供主体となる無料公衆無線LANの拠点数としては日本最大級になります。

1.本サービスの目的

本サービスは福岡市が都市の魅力及び都市間競争力の向上を目指し、①海外からの旅行客をはじめとする来訪者に対する利便性の向上、②情報発信力の強化、③災害時の活用を目的として、地下鉄全駅、福岡空港、博多港、観光案内所(天神)、観光案内所(博多)、市役所本庁舎1F・西側ふれあい広場に、無料で無線LANが利用できる環境を福岡市が提供主体となって整備するものです。

2.本サービスにおけるNTTBPの関わり

NTTグループにおける無線LAN専業会社であるNTTBPが本サービスの環境整備及び運用業務を受託しております。NTTBPは公衆無線LANサービスのリーディングカンパニーとしてこれまで培ってきたノウハウとサービスを福岡市公衆無線LANサービスに最大限反映することで、福岡市とともに自治体における公衆無線LANサービスの利用モデルを構築・展開してまいります。

3.サービス拠点の拡大

サービス拠点は、4月27日から開始した地下鉄空港線各駅などに新たに地下鉄箱崎線、七隈線の全駅が加わり、地下鉄全線全ての駅構内で利用できるようになります。さらに、博多駅構内の観光案内所、福岡空港国内線ターミナル及び博多港国際ターミナルにも拠点拡大します。(写真は、福岡市様より提供)

地下鉄(箱崎線、七隈線)駅構内
利用時間/5:00~25:00
観光案内所(博多)
利用時間/5:00~25:00
福岡空港国内線ターミナル(一部)
利用時間/5:30~23:00
博多港国際ターミナル(一部)
利用時間/7:00~23:00

※既にサービス開始している場所(16箇所)
地下鉄空港線全駅、観光案内所(天神)、福岡市役所1Fロビー、西広場

4.ポータル画面の提供開始

ブラウザを立ち上げて最初に表示されるポータル画面で、現在地の情報や福岡市からのお知らせなどに簡単にアクセスできるようになります。また、災害などの緊急時には、市の防災・危機管理情報も入手しやすくなります。さらに、甚大な災害などの場合には、より簡単にインターネットを利用できるよう、アクセスポイントを開放します。

※ ポータル画面を利用した今後のサービス拡充予定
・利用促進のため、無線LAN環境を活用したスタンプラリーなどを検討中
・拠点拡大について民間の協力も得ながら展開を検討中
・利用者アンケートを実施予定

5.今後の展開

本サービスのさらなる発展にむけて最新の技術やノウハウを引続き導入・展開していきます。そのうえで、本サービスをモデルとした他の自治体や観光地等への展開を推進してまいります。

<本件に関するお問い合わせ先> NTTBP ビジネス企画部 山崎、依田 (電話)03-6810-2627